カラーチャート

見やすくて低価格な中綴じ印刷を依頼しよう|カタログにも活用できる

見えることで開封率アップ

封筒

透明な封筒を使うメリット

郵送によるダイレクトメールを使用するさいにポイントとなるのが開封率を上げる工夫です。せっかく送っても中身も見ないで捨てられる可能性が高いのがダイレクトメールの宿命で、そのためダイレクトメールを送るさいには中身を見てもらうためにさまざまな工夫がされています。この工夫の中で、もっとも容易に行えメリットが多いのが透明封筒です。透明封筒はOPPやCPPといった透明なフィルムで作られた封筒のことです。中身が見えるので開封率を飛躍的にアップさせることができますし、このほかにも透明封筒を使うメリットとして、水を通さないので水濡れや汚れに強いことがあります。さらに紙封筒と比べて透明封筒は軽いので送料を抑えることも可能です。特に透明封筒の場合には中身が見えるので、封筒に印刷をして目立たせるよりも中身のチラシやカタログなどを工夫することが可能です。このため封筒に印刷を行うよりもコストを下げつつ外部にアピールすることができるメリットがあります。また水分を通さないので紙封筒と比べて内部に及ぼす影響を最小限にすることができるのも大きな魅力です。また透明封筒でも印刷することが可能ですので、工夫次第でさらに開封率をアップさせることができます。一方で透明封筒は、クラフト紙に比べて破損した際に傷が広がりやすくなる恐れがあります。傷の広がりを防ぐためにも、重量のあるダイレクトメールを送る場合には透明封筒のフィルムの素材に留意する必要があります。