今よりも稼げるかも?夜職で気をつけたいポイント

>

夜の仕事ってどんな種類があるの?

実際よりも稼げない

店舗の大きさやエリアによっても稼ぎは大きく異なりますが、キャバクラで働き始めてすぐにナンバーワンになるというのは、ほとんどありません。
体験入店や面接の際にグラスの出し方や、ハンドシグナルといった簡易的な接客を教えてくれますが「どのように接客すれば稼げるのか」という事を教えるところはありません。それを知らずに希望だけを持って働いても意味がありませんし、実際よりも稼いでいないキャストが多いのです。
またルックスやキャラなどで一時は稼ぐことが出来ても、自信の努力や戦略無しではズルズルと売上が減ってしまいます。ただし一度上げた生活水準を戻すのが難しくて、キャバクラから風俗、果ては違法な行為をして稼ごうとしてしまうケースもあります。

稼げないのは自分にあっていない?

どうしても稼げない、うまく接客をしているはずなのにそれが響かないという場合は、自分に合っていない店舗、または業種ではないでしょうか。
所謂飲み屋というのはキャバクラだけではなくクラブやラウンジ、スナックに分けられます。キャストの年齢層もありますが、お客様の質や年齢もずいぶん異なりますし、店内の雰囲気も違います。
そのためどうしても自分に合わないと思ったら、思い切って場所を変えるのも得策です。系列店を多く持っている企業であれば、黒服経由でオーナーに相談し移籍してもらう事も出来る様です。
しんどい思いをして無理するよりも、自分の頑張りがしっかりと反映させられるところで働くのが、この業界で長くやっていくコツなのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る