男性

見やすくて低価格な中綴じ印刷を依頼しよう|カタログにも活用できる

名刺

自分を表すもの

社会人として営業の幅を広げたい時は名刺を作ります。業者に制作を依頼すれば印刷だけでなくデザインも任せられるため便利です。片側だけのモノクロ印刷であれば、五十枚で千円弱の印刷費用が相場です。それを踏まえて名刺業者を探しましょう。

封筒

見えることで開封率アップ

ダイレクトメールの開封率を簡単にアップさせる方法としては透明封筒を使う方法があります。透明封筒であれば中身が見えるので興味を持たせやすく開封率がアップします。またフィルムは水に強いので雨や汚れといったものにも負けないメリットがあります。

グッズ

貰って嬉しいアイテム

ノベルティには写真やロゴといったオリジナルのアイディアを加えれば、さらに宣伝効果を期待できます。企業や会社だけではなく、個人でもオリジナルノベルティを作成できます。自分達だけのオリジナルノベルティは、思い出の品物としても印象深いものです。

安く依頼が可能

カラーチャート

パンフレットやカタログなどを作成する場合、業者に依頼して製本してもらうことが多くなっている。これらの冊子を作成する場合、その製本方法にはいくつかの方法があり特徴がある。それらの製本の方法としてあるのが、中綴じ印刷である。中綴じ印刷では、紙を2つ折りにした状態で中心をホチキスなどで留める製本方法である。中綴じ印刷では、中心がホチキスなどで留めるため、冊子の真ん中まで完全に開いた状態で見ることができるという特徴がある。冊子の種類として無線綴じ印刷もあるが、無線綴じ印刷の場合には中心部が糊などで貼り付けられるため、冊子の中心部が見辛いということがある。これに対して、中綴じ印刷では中心部まで完全に開けるため、見やすいという特徴がある。また、中綴じ印刷では紙を真ん中で留めるだけということになるため、無線綴じ印刷などと比べた場合に、安い費用で作成できるということも大きな特徴になる。但し、無線綴じ印刷に比べページ数が多い場合、綴じきれなくなるため、比較的ページ数の少ない冊子で用いられるということがある。中綴じ印刷での冊子作製を依頼する場合、最近では実際に製本されたものと同じイメージでパソコン上などで予め見ることもできる。これらのソフトを使用しながら、紙面を作成していくことで出来上がりを想定しやすくなる。また、ソフトを使用して作成したデータを業者に提供することで印刷してもらえるということも多くなっており、依頼しやすくなっている。